ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

2017年03月

【DAZN】リーガ・エスパニョーラ放映権獲得!毎節最大5試合の注目マッチをライブ放映!

大翔 ★@\(^o^)/ 2017/03/28(火) 13:07:45.27 CAP_USER9

GOAL 3/28(火) 10:50配信
http://news.yahoo.co.jp/zasshi?c=socc&p=2

スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が、リーガ・エスパニョーラの放映を4月1日から開始することが分かった。

2019−20シーズンまで、毎節最大5試合の注目マッチをライブ放映する。バルセロナやレアル・マドリー、アトレティコ・マドリーといった世界屈指の強豪クラブの試合が放映されていく見込み。

DAZNはドイツのブンデスリーガやイタリアのセリエA、フランスのリーグ・アンといった欧州のトップリーグの放映を行っている。今後、リーガも加わり、より一層ラインナップが充実することに。

また、日本においては2017年シーズンから10年間にわたりJリーグの放映権を取得。今シーズンから明治安田生命J1・J2・J3のリーグ戦を全試合ライブ放映を行っている。国内・海外ともに豊富なコンテンツをそろえていることで、日中〜夜はJリーグ、夜からは欧州のトップリーグと、サッカーざんまいの一日を送ることも可能だ。

■リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)とは?

スペインのリーガ・エスパニョーラは世界最高峰のリーグとして知られている。リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの“MSN”をはじめとするスタープレーヤーが集うバルセロナと、クリスティアーノ・ロナウドやカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルといった強力アタッカーを擁するレアル・マドリー、そしてアントワーヌ・グリエスマンを中心に魅力的なフットボールを展開するアトレティコ・マドリーが覇権を争う。

その他にもヨーロッパリーグ3連覇を成し遂げたセビージャ、古豪ビジャレアルやバレンシアなどが在籍。また、日本代表歴もあるMF乾貴士がエイバルに所属している。世界で最も厳しい環境の一つで、日本人アタッカーがどのようなプレーを繰り広げるかも注目される。

■リーガ第29節の放送予定

4月1日に行われるリーガ第29節から放映がスタートする。スケジュールは以下の通り。

4月1日(土) 20:00 〜
ビジャレアル対エイバル ※日本語実況・解説

4月1日(土)27:45 〜
マラガ対アトレティコ・マドリー ※日本語実況・解説

4月2日(日) 19:00 〜
セビージャ対スポルティング・ヒホン ※日本語実況

4月2日(日)23:15 〜
レアル・マドリー対アラベス ※日本語実況・解説+DAZN独自のリプレイ映像有り

4月2日(日)27:45 〜
グラナダ対バルセロナ ※日本語実況・解説


続きを読む

中国・上海申花のホームスタジアムで大規模な火災があった模様

651 U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2017/03/28(火) 01:33:19.59 sZ3IVu1r0

お腹すいた
この時間食べても太らない腹の足しになるファストフードない?


続きを読む

【SVホルン】実質オーナーの本田圭佑、経営から離脱か!?クラブ内に火種…現地メディア「現実的なシナリオ」

砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/03/28(火) 07:18:06.94 CAP_USER9

15年に本田のマネジメント会社が買収 今季2部で10チーム中7位に沈む

ACミランの日本代表MF本田圭佑のマネジメント会社が2015年に買収したオーストリア2部SVホルンから離脱する可能性が浮上していると、
オーストリアのスポール専門メディア「SPOX.com」が報じている。

本田のマネジメント事務所である「HONDA ESTILO株式会社」が2015年6月に当時オーストリア3部のホルンを買収。
昨季は3部1位で見事に2部昇格を果たしたが、今季2部では8勝5分12敗で10チーム中7位に沈む。
自動降格圏の9位と勝ち点差わずか2という苦境に立たされている。
元名古屋グランパスの長身DFハーフナー・ニッキ、明治大卒業後に加入したMF矢島倫太郎などが出場しているが、目標の1部昇格に向けて厳しいシーズンが続いている。

そして、地元メディアは「SVホルン、本田は離脱するのか?」と特集。
「今季終了時点の『ホンダ・エスティーロ』の離脱は現実的なシナリオだ」と報じている。

クラブのマネジャーであるソンケ・ニクラス氏は昨年10月に同メディアに「我々は日本人の経営者側との問題を持っている。
小さなネジを締めていかなければならないし、それができれば向上できる」と問題点を明らかにしていた。

“本業”で苦境、ホルンも厳しい現状に

今月13日、クラブは国際連合(国連)の掲げる取り組みに賛同し、ホルンのユニフォームの胸部分とホームスタジアムの看板に、
国連が掲げる「世界を変えるための17の目標」のロゴを掲出すると発表。
国連とタッグを組む姿勢を見せたが、一方でクラブ内部の問題は火種として依然残っているようだ。

本田自身もミランで今季先発出場わずか1試合と戦力外状態で、
いわば“本業”で苦境に直面しているなか、経営参画するホルンも1部昇格が厳しい現状となっている。
実質的なオーナーである本田がわずか2年間で離脱する可能性があると現地メディアは見ているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00010002-soccermzw-socc
Football ZONE web 3/28(火) 7:10配信



続きを読む

【マンU】ネイマール獲得に本腰!?ポグバ越えの史上最高額240億円を準備か

仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 23:03:38.91 CAP_USER9

マンチェスター・ユナイテッドが今夏もサッカー史上最高額の移籍金を投入するかもしれない。
バルセロナのブラジル代表FWネイマールに対して、2億ユーロ(約240億円)を用意していると、英『ミラー』など複数メディアが報じている。

 昨夏、フランス代表MFポール・ポグバを史上最高額9200万ポンド(約128億円)の移籍金でユベントスから獲得したユナイテッド。
今夏は以前から興味を示していたネイマールに狙いを定めたようで、
同紙によると、ユナイテッドはネイマールに設定されている違約金2億ユーロ、
さらに年俸2500万ユーロ(約30億円)を支払う準備があるという。

 ネイマールは昨年10月にバルセロナと2021年6月まで契約を延長したばかり。
新たな契約で設定された移籍金は今季終了時点なら2億ユーロだが、毎年段階的に上昇する条件が設定されているとのこと。
そのため、獲得を本気で考えているのであれば、今季終了後がネイマールの買い時ということだ。

 ネイマールに対してはパリSGやチェルシーなどが獲得に興味を示していると報じられている。
現在5位で来季のUEFAチャンピオンシップへの出場が難しいユナイテッド。
世界最高峰の大会に出場できないとなると、ネイマール獲得の大きな足かせとなるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01638213-gekisaka-socc


続きを読む

【W杯】混迷のアジア最終予選 これまでの各国の戦いぶりは?

仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/28(火) 00:34:55.85 CAP_USER9

サッカーのロシア・ワールドカップ、アジア最終予選は3月23日、2017年の初戦を終え、28日にも各地で対戦が予定されている。
残り4試合となり、各グループの情勢が少しずつ見えてきている中、主要国のこれまでの戦いぶりを振り返ってみる。

■グループA イラン・韓国
 6試合を終え無失点と驚異的な守備力を擁するイランは、2位・韓国に勝ち点4差、頭一つ抜け出た格好だ。
堅いディフェンスもさることながら、総得点が5点での4勝2分けの首位は、
伝統的にゲーム運びが老獪であるイランの思惑通りの展開と言えるだろう。
残り4試合中、3試合ホームでの戦いを残しており優位は変わらず、FIFAランキングでアジアトップの実力を今予選でも証明している。
 3月23日のアウェー中国戦、ここまで未勝利だった中国に敗れ、2位の座は変わらないものの監督の更迭論まで起きているのが
「アジアの虎」韓国だ。昨年10月にはイランにも黒星を喫し既に2敗、勝利した3試合も全て失点し、1点差での辛勝といった内容だ。
チームの戦いぶりもさることながら、ドイツ人監督シュティーリケ氏の進退も含め、予選終盤まで全く予断を許さないと言った状況だ。
■グループB 日本・オーストラリア
 最終予選初戦、ホームでUAEに敗北を喫するという最悪のスタートを切った日本だったが、6試合を終えた段階で、
4勝1分1敗・勝ち点13で得失点差でサウジアラビアに次ぐ2位につけている。
先日行われたアウェー・UAE戦では、ベテラン今野・川島らの起用が当り、お返しとばかりに敵地での勝ち点3奪取に成功。
28日の次戦では、ホームでB組最下位のタイを相手に確実に勝利を挙げ、2位以内確保が至上命題となる。
 苦戦を強いられているのが4大会(AFCからは3大会)連続出場を目指すオーストラリアだ。
最終予選を開幕2連勝、現在までB組唯一の無敗ながらも、勝ちきれないゲームが多く、引き分けが4試合。
ここまでグループ3位、日本との勝ち点差が3まで開いた。
2015年のアジアカップを制し、名実ともにアジア王者に君臨したものの、ロシアの地を踏むに至るまで険しい道のりが続きそうだ。
 イランが抜け出し、韓国・ウズベキスタン・シリアの3チームが勝ち点2の中にひしめき厳しい2位争いが続くグループA。
上位2チーム、サウジアラビア・日本が同じ勝ち点で並び、3位オーストラリアやW杯出場経験を持ち4位につけるUAEにも
十分逆転の可能性があるグループB。
両組とも、1試合の結果で順位が入れ替わることも考えられ、まだまだ目が離すことが出来ない。
28日の次戦もどんなドラマが待っているか、注目だ。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0326/zks_170326_7744727835.html



続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【SVホルン】実質オーナーの本田圭佑、経営から離脱か!?クラブ内に火種…現地メディア「現実的なシナリオ」
  • 【W杯】混迷のアジア最終予選 これまでの各国の戦いぶりは?
  • 【日本×タイ】報ステ、澤登さんとゴン中山さんのフォメ予想!<W杯アジア最終予選>
  • 【日本×タイ】報ステ、澤登さんとゴン中山さんのフォメ予想!<W杯アジア最終予選>
  • 【動画】ベッカムが憑依!レノファ山口・小塚選手の芸術的な超ロング弾!
  • 【日本代表】岡崎3トップ中央で先発へ!?負傷の大迫には「同じFWとして参考になる」
  • 【日本代表】FW大迫勇也「靱帯も痛めている」左ひざの状態について明かす
  • 【川村優理】米NWSLノースカロライナ・カレッジへ移籍が内定「新潟の方々にはとても感謝しています」
  • 【日本代表】原口元気、タイ戦でミドルシュートを狙うと表明
  • 【驚愕】54歳シジマールが現役復帰へ!J3藤枝GKが負傷離脱の緊急事態
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌