ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

2016年12月

【J3長野退団の元スイス代表守護神】Jリーグ残留を熱望!その理由とは…

Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 09:52:54.83 CAP_USER9

レオーニは1984年6月30日、スイス生まれの32歳。地元のFCシオンの下部組織で育成されてトップチームデビューを果たすと、2003年に名門チューリッヒへ移籍して9シーズンプレーした。

2005年に年上の選手から正守護神の座を奪うと、2009/10シーズンにチャンピオンズリーグ出場を果たし、ミラン戦ではスーパーセーブ連発でジャイアントキリングの立役者となった。

 スイス代表としても2010年の南アフリカW杯に第3GKとして参加し、翌年の親善試合で1キャップを記録している。そんな実績豊富なベテランGKが日本で現役続行を望む理由は家族の存在だ。

「スイス以外では人生最高の経験をできている。人々はみんな親切だし、食事もすごくおいしい。家族は日本に住んでいないんだけど、もう4回も遊びに来ている。家族も僕と同じことを感じているみたいだ」

 レオーニには妻と2人の子供がいる。今回のJリーグ移籍では9ヶ月間も家族と離れて暮らさねばならなかったが、「妻は僕がまだプロとしてプレーしたがっているのを理解してくれていた」ことで日本行きを決断した。

 ピッチ内でチームメイトや監督の信頼を掴んだレオーニは、日本の文化や習慣への適応にも努力を惜しまなかった。車の左側通行や食生活にもすぐに馴染み、「箸もすぐに使えるようになった」と語る。ヨーロッパではほとんど経験したことのなかった地震も苦にしない。

「僕の第一希望は間違いなく日本に残ることだよ。目標は都会でクラブを見つけること。そうすれば家族が日本に来て、子供たちをインターナショナルスクールに通わせることができる。僕にとっては家族みんなが一緒にいることこそ重要なんだ」

 長野を退団したが、来年からは家族と一緒に暮らしながら日本でプレーする道を模索している。レオーニにとって日本はキプロス、アゼルバイジャン、ポルトガルに続く4度目の海外挑戦で、過去にないほど充実した日々を送れたことが理由だ。

 チューリッヒを退団した後、キプロスのACオモニアに加入したレオーニは満足なプレー機会を得られず半年でアゼルバイジャンのネフツチ・バクへと移籍した。その当時は「日々の生活を楽しめていなかった」と振り返る。

「スイス国外での生活は僕にとって簡単ではなかった。これまでの人生、たくさんのことがあった。キプロスでは金銭面に問題があってプレーできなかった。大きな契約を結んでいたんだけど、プレーを辞めざるをえなかった」

 ピッチ外の問題を抱えたまま短期間で2ヶ国を渡り歩き、キャリアは下降線をたどっていった。アゼルバイジャンで半年プレーした後、ポルトガルのマリティモに新天地を求めるも出場機会はわずかで、2014年からは母国へ戻って2部のル・モンに在籍。ここ数年は苦しい日々を過ごしてきた。

 そんな中で選んだアジアという未知の領域への挑戦。「チャレンジをしたかった」レオーニは、家族の理解を得て日本からのオファーに即答した。9ヶ月のプレーを経て、今では「いい選択だったと思う。日本は大好きだ」と笑顔を見せる。

 スイスで主に使われるドイツ語だけでなく、英語もネイティブ並みに操る。妻の影響でポルトガル語も理解し、ブラジル人選手ともコミュニケーションを取れるレオーニは、短い期間でピッチ内外において本物のプロフェッショナルであることを示してきた。

 そして家族にとってはよき夫であり、またよき父である。「僕はまだ32歳。自分ではまだ若いと思っているし、いまは日本のGKたちが前に進み続ける力をくれている。このリーグには38歳や40歳でもフィットしているGKがいる。それが僕の目標だよ」と語る“パパさん守護神”はJリーグでのさらなる活躍を夢見て挑戦を続ける。

(取材・文:舩木渉)

https://www.footballchannel.jp/2016/12/31/post192380/2/


続きを読む

【日本サッカー界の功労者】ラモス瑠偉氏が脳梗塞により一時活動休止を発表

名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 09:45:22.30 Tu/y3Ix00

これはラモスが悪い


続きを読む

【動画あり】天皇杯でマリノスを追い込んだ市船とイレブンのその後

名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 14:35:00.61 ASYh5s/U0

現役がまだ六人もいるってのが凄いな


続きを読む

【ストップ・ザ・チェルシー】ライバルたちが”3-4-3対策”を開始!!!

YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 14:01:11.21 CAP_USER9

12試合連続勝利を続けているチェルシーだが、アントニオ・コンテ監督には解決すべき問題が生まれている。プレミアリーグのライバルたちが、そろってチェルシーを止める方法を示し始めたのだ。

コンテ監督の3-4-3のフォーメーションは当初、マンチェスター・ユナイテッドやエヴァートンに対し、試合を支配し、プレミアリーグでは6戦連続無失点で、無敵の様相を示していた。だが、12月11日に対戦したウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)に対しては、このフォーメーションを捨てて、勝利を得るために必死にならざるをえなかった。

ホームのスタンフォード・ブリッジで、75分のジエゴ・コスタの素晴らしいゴールによりトニー・ピューリス監督率いるWBAを下したチェルシーだが、コンテ監督が、後半45分で1度ならず2度までもフォーメーションを変えたという事実を忘れてはならない。

チェルシーは41分まで枠内シュートを1本も打てず、WBAに主導権を握られて何度も決定的なピンチを招いた。

チェルシーが最初にフォーメーションを変えたのは、ウィリアンを投入した63分。コンテ監督は試合の流れを変えようと、4-4-1-1のフォーメーションを敷いた。さらに74分、セスク・ファブレガスを投入して、ジョゼ・モウリーニョが好んで使ったシステム、4-2-3-1となった。

2度目の変更で自陣深くセスクをフォローする役回りとなったネマニャ・マティッチは混乱した様子だったが、この変更は、コンテ監督が不安を募らせ、試合を支配する時間を延ばすことよりも、ストライカーの冷静なシュートに頼らざるをえなくなったことを示していた。

チェルシーは、ポゼッションは維持していたが、得点できるほど敵を脅かしているようには見えなかった。それ以前の相手、トッテナムとマンチェスター・シティは、チェルシーの仮面をはがそうと高い位置からプレッシャーをかけ、チェルシーが攻勢に転じる瞬間をことごとく潰そうとした。そしてWBAはマティッチ1人にプレッシャーをかけつづけた。マティッチは、アシスト能力を発揮して今シーズン大いに成功しており、チェルシーの攻撃の核となっている存在だ。

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は完璧なプランを遂行していたが、ペドロの素晴らしいゴールによって、ゲームの流れを変えられてしまった。マン・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はケヴィン・デ・ブルイネとヘスス・ナバスで、チェルシーの左サイドのディフェンス陣を攻略しようと考えた。これにより、チェルシーのマルコス・アロンソとガリー・ケーヒルは、かなりプレーしづらくなり、ケーヒルのオウンゴールで一時はシティがリードした。

こうしたライバルたちの対策を見れば、左サイドに負担をかけさせることが、チェルシーに対して有効な戦術の一つであることは間違いない。もう一つは、トッテナムのソン・フンミンがやってみせたように、クレバーなフォワードを使って、ビクター・モーゼスがディフェンスの規律の理解に欠けることを暴くことである。

ここ最近、チェルシーの対戦相手はどのチームも、チェルシーの3人のディフェンスを自由にプレーできない広いエリアに引きずりだし、そのスペースに、自分のチームのターゲットマンを進入させようとしていた。

3-4-3はもはや見慣れない特別なフォーメーションではなく、対戦相手にとって難しいシステムでもない。それでもチェルシーは、そのタフなメンタルのおかげで勝ち点3を積み上げ続けているが、プレミアリーグで勝ち切るためには新たな対策を講じていく必要があるかもしれない。

コンテ監督がクリスマスにサンタクロースから新しい戦術やアイディアを靴下の中に入れてもらったかどうかは定かでないが、2017年も独走を続けようと試みるならば、他チームが対策を立ててくるより速いスピードで自分から変化していく必要があるだろう。その勇気を持てるかどうかが、チェルシーが迎える新たな年の命運を握っていると言っても決して言い過ぎではない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000006-goal-socc


続きを読む

【安藤梢】”なでしこジャパンを再び世界一に!!”来年35歳も「衰えてる感ない」

YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 12:13:53.68 CAP_USER9

 実績のあるドイツW杯組には、19年フランスW杯や20年東京五輪での活躍が期待される選手も多い。当時率いた佐々木則夫前監督(58)の後を継いだ高倉監督の初陣となった6月の米国遠征には永里、阪口、宇津木、熊谷、岩渕が招集。国内組から唯一の選出となった阪口は澤さんの背番号10を託されるなど期待を受けている。

 年内最後の代表活動となった12月の国内合宿には鮫島と上尾野辺も選出。新体制となり世代交代が叫ばれる、なでしこジャパンだが、ドイツW杯組の経験値も世界一奪還へ欠かせない。

 ◆安藤 梢(あんどう・こずえ)1982年7月9日、宇都宮市生まれ。34歳。筑波大在学中の02年、さいたまレイナス(現浦和)に加入し、09年になでしこリーグ得点王とMVP。10年からデュイスブルク、13年にフランクフルトに移籍し、15年に女子欧州CL制覇。同年10月にエッセン移籍。代表では99年6月に16歳でデビューし126試合19得点。五輪とW杯は3度ずつ出場。165センチ、57キロ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000145-sph-socc


続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • ザルツブルク南野拓実が2ゴール!大量5得点でオーストリアカップ決勝進出!
  • 【ACL第5節】浦和×ウェスタンシドニー スタメン発表!ズラタン、李ら札幌戦から5選手入れ替え
  • チェルシーのカンテ、PFAの”年間最優秀選手”に選出!史上初の異なるクラブでプレミア2連覇も。
  • “ガラス・ベイル”  レアル会長が遂に売却を検討へ!現地メディア「1億ユーロの男はいつも医療室」
  • 【ACL】まさかの宇宙開発…“名手”遠藤保仁のPK失敗に海外メディアも驚き <G大阪×アデレードU戦>
  • 【ACL】まさかの宇宙開発…“名手”遠藤保仁のPK失敗に海外メディアも驚き <G大阪×アデレードU戦>
  • 【ACL】まさかの宇宙開発…“名手”遠藤保仁のPK失敗に海外メディアも驚き <G大阪×アデレードU戦>
  • 【動画】ACL 水原サポが川崎ゴール裏に乱入!出口封鎖される
  • 【動画】ACL 水原サポが川崎ゴール裏に乱入!出口封鎖される
  • 【画像】ACLで初勝利した川崎・中村憲剛の素早いツイート!
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌