ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

2016年10月

【ACミラン】伊紙が出番なしの本田圭佑を異例の“MOM選出” 「見事な間接的貢献」

:Egg ★@\(^o^)/ :2016/10/31(月) 19:57:34.40 ID:CAP_USER9

練習で直接FKを決めた本田 その一撃から決勝弾のボナベントゥーラは着想を得る
 
ACミランの日本代表FW本田圭佑は30日の本拠地ペスカーラ戦で出番なしに終わったが、
練習場で見せた一撃が評価され、イタリア地元紙によりこの試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」(MOM)の1人として異例の“選出”をされている。

イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「マン・オブ・ザ・マッチはボナベントゥーラ、ロナウジーニョと……本田のコンビ」と特集している。

後半4分、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが勝負を決めた。ゴール中央左のFKの場面で、
相手の壁が飛んだ下を射抜く技ありのシュートで、ゴール左隅に決勝点を決めた。この直接FKについて、記事ではこう評している。

「これが学校ならカンニング組として嫌われたかもしれないが、ピッチでは幸い違う。
隣の宿題を盗み見ることは、向上の助けによくなるものだ。ジャック・ボナべントゥーラはよく観察していた。そして記憶し、実践に移した」

ボナベントゥーラは練習場で同僚のプレーから値千金の一撃の着想を得たという。誰のプレーなのか。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が舞台裏を明かす。

「数日前に守備のセットプレー練習で、本田が相手チームになり、出し抜いたやり方でFKを決めた。明らかにジャックはそれ(本田のFK)を覚えていた」

「本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった」

試合後のテレビインタビューで指揮官はこう語った。レギュラー組の守備練習において、前節ジェノア戦で今季初先発ながら背信パフォーマンスで0-3敗戦の戦犯となった本田は、
ペスカーラ選手の役を担った。本田が練習で見せた直接FKは、ボナベントゥーラが放った一撃のように壁の足下を射抜くものだったという。

本田はこの日出番を与えられなかったが、チームの勝利には寄与したという。記事では皮肉交じりに本田の働きに言及しつつ、一方で“結果が重要”と称賛している。

「見事な間接的貢献。それなのにケイスケを不要と言う人はいる。何はともあれ、本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった。
シニョーリも壁の下を通すことに長けていた。結果が重要なのだ。ジャックのFKで勝ち点3を得た。3位はいい香りがする」

かつてミランで活躍したブラジル代表のファンタジスタ、ロナウジーニョ、そして元イタリア代表の左利きの名手ジュゼッペ・シニョーリも低空FKを得意としていたという。
試合のピッチで今季目立った貢献のない背番号10は、今季「練習場だけのサムライ」と揶揄されていた。ユニフォームの販売枚数以外でも、好調ミランの勝ち点3に黒子役として本田は貢献したと地元メディアも認めている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010018-soccermzw-socc


続きを読む

【中国代表監督】リッピ氏が語る日本と中国の差 「努力の方向と方式の問題だ」=中国メディア

:YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2016/10/31(月) 17:01:33.15 ID:CAP_USER9

2018年サッカーワールドカップロシア大会への出場が厳しい状況にある中国代表の監督に、イタリア人の名将マルチェロ・リッピが就任することが先日発表され、国内外のサッカー界で話題を集めた。中国メディア・羊城晩報は29日、リッピ氏が見た日本の中国とのサッカーの「差」について紹介する記事を掲載した。

 記事は、リッピ氏が日本のユース人材の育成を重視しており、なかでも中田英寿氏の成功について、「アジアサッカーにおける模範例」と評したことを紹介。また、1980年代末から90年代にかけて、多くの日本人少年がブラジルにトレーニングを受けに行ったこと、ドイツやイングランドにおける体制の優れた点を取り入れてサッカー改革を実施し、サッカーを日本における国民的スポーツにまで成長させたことを挙げて評価したことを伝えた。

 一方、「中国人選手が小さい頃から受ける専門トレーニングには、一部の欠陥がある。それは、細かい技術のトレーニングが低年齢の時期にしっかりできていない可能性がある点だ」と指摘したことを紹介。欧州で名を馳せている日本人選手には、優れた技術力を持っているという共通点があり、それは「長い時間、高い頻度でボールに触っていなければ身につけることができない感覚」であるとしている。さらに、チームプレーを第一とする考え方を培う点についても言及したことを紹介した。

 記事は最後に、リッピ氏が「青少年時代の準備はよりしっかりやらなければならない。それは、勤勉であるかどうかとは直接関係ない。まじめに努力する方向性と、方式が正しいかどうかなのだ」との結論を下したことを併せて伝えている。

 リッピ氏は2012年から約2年半、中国国内リーグの広州恒大で監督を務めた。その当時からリッピ氏を中国代表監督にという待望論が出ていたが出ていたが、ここに来て、ついにそれが実現した形となった。広州の指揮を執ることで中国サッカーの現状を把握したであろうリッピ監督は、中国代表の「救世主」と成りうるのだろうか。(編集担当:今関忠馬)

http://news.searchina.net/id/1621947?page=1


続きを読む

【AFC U-19】大会初優勝の日本代表!堂安律が大会MVPを受賞!過去には1998年大会で小野伸二も受賞

:Egg ★@\(^o^)/ :2016/10/31(月) 10:32:13.51 ID:CAP_USER9

バーレーンで開催されていたAFC U-19選手権の決勝が現地時間30日に行われ、
U-19日本代表はU-19サウジアラビア代表をPK戦の末に下して大会初優勝を飾った。

試合後には、ガンバ大阪所属のMF堂安律が大会最優秀選手(MVP)に選出されている。
アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えた。

サウジアラビアとの決勝は、0-0のまま120分間を終えてPK戦にもつれ込む激戦。
今大会6試合を全て無失点で戦ってきた日本は、5人全員がPKを成功させて5-3で勝利を収め、悲願のアジア制覇を成し遂げた。

チームの優勝に貢献する活躍でMVPに選出された堂安だが、自身のプレーに満足はしていないようだ。
「MVPに名前が呼ばれた時は驚きました。大会を通して、それほど良いパフォーマンスができていたとは思っていませんでしたので」とコメントしている。

「もっとゴールを決め、もっとアシストをしてチームに貢献したいと思っていました」と語る堂安だが、
「自分だけで勝ち取った賞ではなく、チーム全体がやってきた仕事の結果だと思います。チームメイトのみんなに感謝しています」と受賞への喜びを表した。
過去には1998年大会で小野伸二(現コンサドーレ札幌)も受賞した栄えある賞を手にすることになった。

今大会で準決勝以上に進出したことで、U-19日本代表は来年韓国で開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得した。
日本にとって5大会ぶりの出場となる世界大会に向けて、堂安は「楽しみにしています。

チームを改善できる部分はたくさんありますので、集中し続けて、良い結果を求めていきたいと思います」と意気込みを述べた。

フットボールチャンネル 10/31(月) 8:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010007-footballc-socc

写真



続きを読む

【ハリルへの提言】サウジアラビアとの大一番に“川崎の35歳”と“長身FW”の招集を

:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ :2016/10/31(月) 17:29:07.89 ID:wCXE+zHe0

中村憲剛なんか絶対いらないだろ
日本トップクラスの過大評価だわ
あれだけの攻撃陣を率いていまだに童貞だし



続きを読む

【Jリーグ】浦和の年間1位なるか・・・!?浦和vs横浜FMを『NHK総合』でTV放送へ

:YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2016/10/31(月) 16:43:17.84 ID:CAP_USER9

Jリーグは31日、11月3日に開催されるJ1リーグ第2ステージ第17節のTV放送追加を発表した。浦和レッズの年間勝ち点1位が決まる可能性がある横浜F・マリノス戦(埼玉)を、『NHK総合』がTV放送することが決まった。

 前節磐田戦の勝利で第2ステージ優勝を決めた浦和の年間勝ち点は「73」。2位の川崎フロンターレの勝ち点は「72」で、浦和が横浜FMに勝利すれば自力で、引き分け以下でも川崎Fの結果次第で年間1位が決まる状況だ。また、逆転での年間1位を狙う川崎Fがガンバ大阪をホームに迎える一戦も『NHK BS1』で放送されることが決まった。

 なお、ベガルタ仙台対ジュビロ磐田を『NHK 静岡』、大宮アルディージャ対FC東京を『BS-TBS』、名古屋グランパス対湘南ベルマーレを『NHK 名古屋』でTV放送することも併せて発表されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-01632789-gekisaka-socc


続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【画像】このACL号外、やっつけ感がひどい!?森脇ワロタww
  • 【画像】このACL号外、やっつけ感がひどい!?森脇ワロタww
  • 【悲報】新潟ヤバい!?テレビで今年の推定年俸を晒される。
  • 『アリエン・ロッベン』今季限りでの現役引退の可能性を示唆!
  • 【中村俊輔】サッカーセンス論を激白。一人の選手を引き合いに断言「自主練を見れば分かる」
  • 【中村俊輔】サッカーセンス論を激白。一人の選手を引き合いに断言「自主練を見れば分かる」
  • 「イングランドは日本と同組」リネカー氏がW杯組み合わせ抽選会の予行練習をした結果。
  • 「ビデオ判定導入」日本には百害あって一利なし「世界的な流れで、W杯ロシア大会でも導入検討」
  • 【J2松本】反町康治監督、来季も続投!強化担当交代などの条件受け入れられ決意
  • 【FC東京】久保建英(16)、26日J1デビューへ!出場すれば歴代3位の若さ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌