ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

【ジーコ氏】3試合ノーゴールのポドルスキにエール!「間違いなく世界トップクラスのFWだ」

Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 17:41:02.31

 1993年に華々しく開幕したJリーグに、ブラジルサッカー界のレジェンドでありながら鹿島の現役選手として参加したジーコ氏(64)は、重要な“創業者”のひとりといえる。

そして今年25年目を迎えたJリーグは、7月に総額30億円を以上をかけて超大物、元ドイツ代表FWポドルスキ(32)=神戸=を迎えた。ここ3試合ノーゴールで“戦犯”になりつつあるJ史上最強助っ人とJリーグへ、ジーコ氏が熱いエールを送った。(聞き手・久保武司)

 −−Jリーグ神戸にポドルスキがやってきた

 「間違いなく世界トップクラスのFWだ。まだ32歳でしょ? これからだよ、これから。ブラジルではいま、40歳を超えてもバリバリ戦力としてプレーしている選手がたくさんいる。32歳なんて、まだ少年だよ。私だって、38歳で日本に来たんだから。彼を見ていると、人間的にもかなりいい奴だという雰囲気が体中からあふれている。きっと成功するよ。ネルシーニョも素晴らしい監督だし」

 −−ジーコ氏が38歳で鹿島に来たときは…

 「初めて鹿島に来たときのことは、いまでも覚えている。本当に何もなかった。まずプロのサッカー選手とはなんぞや、ということを植え付けるために、先頭に立ってやるしかないと思った」

 −−あの頃はとにかく忙しかった

 「日本のプロサッカーリーグなんだから、まずは日本のスターを作らないといけない。そして何より日本サッカーのクオリティーをあげなきゃいけない。鹿島にいたときはこの一念だった。よくいる外国人選手のように、数年間だけプレーして高い年俸をもらって日本を去ることだけはしたくなかったからね。仕事はピッチの中だけではなかった。私は、選手たちには記者さんたちとの付き合い方も教えたし、フロントの人たちにはプロのサッカークラブになるためにマーケティングの重要性をレクチャーした。あの頃、東京から鹿島まで電車とバスを乗り継いで通った。夜遅くなってしまって選手寮によく泊まったなあ…」

 −−Jリーグは今年で25年目を迎えた

 「長いような、短いような…これからも日本サッカーのためなら何でもお手伝いするよ。いつでも、ブラジルで待っているから!」

 サッカー日本代表に「チーム専属のシェフ」を初めて帯同させたのはジーコ監督時代だった。食通として知られ、来日中必ず「おいしい和牛が食べたい」と都内のなじみの鉄板焼き店を訪ねる。

 一番の好物は、「Morango」(モランゴ=ポルトガル語でイチゴの意味)。現役時代から「イチゴにはいい思い出しかない」と言い、今回の取材日も昼食代わりにいちごをガブリ。「これも、またたまらないんだよ」と、なんと練乳をチューブから口に流し込んで満面の笑み。ちなみにこの日のいちごはフェイト・ノ・ジャポン(日本製)の北海道産とあって、「やっぱりうまい、日本はいちごも最高だ!」とご満悦だった。

 ■ジーコ(本名・アルトゥール・アントゥネス・コインブラ) 1953年3月3日、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。ブラジル代表として78年W杯アルゼンチン大会以来3大会連続出場。36歳で現役引退後、ブラジル初代スポーツ大臣を務めたが、38歳で日本のアマチュアリーグ2部の住友金属蹴球団(現J1鹿島)で現役復帰。2002年、日本代表監督に就任。06年W杯ドイツ大会後はトルコ、ギリシャ、インドなどのクラブチームやイラク代表の監督を歴任。

8/18(金) 16:56配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000020-ykf-spo

写真



続きを読む

【ハリル監督】お目当ては金崎?19日の鹿島×清水戦を視察

YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 17:49:02.80

日本代表スタッフの19日のJリーグ第23節の視察予定が決まり、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が鹿島ー清水戦(カシマ)を視察することになった。9日の第21節、13日の第22節は複数の試合をチェックするため、インターネット配信による“ザッピング視察”を行っており、3節ぶりにJリーグの会場に足を運ぶ。

 W杯アジア最終予選は残り2試合。31日のオーストラリア戦(埼玉)、9月5日のサウジアラビア戦(ジッダ)のどちらかに勝てば6大会連続の本大会出場が決まる。24日にメンバー発表を控える中、右足首痛のFW大迫(ケルン)、右ふくらはぎ痛のFW本田(パチューカ)と1トップ候補の2人が故障中。指揮官は昨年6月7日の親善試合ボスニア・ヘルツェゴビナ戦を最後に招集を見送ってきたFW金崎(鹿島)をチェックするものとみられる。

 金崎は昨年8月の湘南戦で途中交代にブチ切れ、石井監督の握手を拒否。怒声を浴びせる問題行動を起こし、ハリルホジッチ監督も無期限の代表追放処分を明言していたが、3月23日のUAE戦以降は故障者が出た際に追加招集するバックアップメンバーに選んでいる。大一番に向けて背に腹は変えられない状況で、今季8得点と好調のストライカーを約1年3カ月ぶりに招集する可能性が出てきた。

 ボヌベー・コーチは磐田ーC大阪戦(ヤマハ)、手倉森コーチ、浜野GKコーチはG大阪ー柏戦(吹田)、西野技術委員長、モワンヌ・コーチ、ルグシッチGKコーチは浦和ーFC東京戦(埼玉)、早川コンディショニングコーチは川崎ー札幌戦(等々力)を視察する。メキシコ、ドイツには医療スタッフを派遣してケガ人の状態をチェックしており、スタッフ一丸で情報収集にあたる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000118-spnannex-socc


続きを読む

【J2】家本主審の誤審、退場処分付け替え!平戸ではなく深津が1試合出場停止

Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 18:50:36.11

Jリーグは18日、規律委員会の結果、16日に行われた明治安田生命J2リーグ第28節・町田―名古屋戦(町田)で退場処分を受けたMF平戸太貴(20=町田)の退場は「人違い」であったと判断し、平戸に対して退場処分と出場停止は科さずに本来であれば退場処分を受けるはずだったDF深津康太(33=町田)に退場処分を付け替え、深津を1試合の出場停止処分とすると発表した。


 サッカー競技規則第5条〔主審〕主審の決定「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」により、公式記録は変更しない。

 平戸は3―3で迎えた名古屋戦の後半44分に相手の得点機会を阻止したとして、家本政明主審(44)から退場処分を受けていたが、実際にはゴール前へ飛び出した名古屋MF青木亮太(21)を深津とDF奥村政幸(24)が挟み込んで倒していた。試合はロスタイム突入後の後半48分に名古屋が決勝点を入れて4―3で勝利している。

 退場処分「付け替え」となった深津は20日の第29節・愛媛戦(ニンスタ)が出場停止となる。

[ 2017年8月18日 17:58 ]
http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/08/18/kiji/20170818s00002180233000c.html

【サッカー】<家本主審>レッドカード対象者を取り違えか!?プレーに関与していない選手退場....過去にも判定を巡って騒動©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502891045/

【サッカー】<J2第28節>首位湘南がムルジャV弾で4連勝!名古屋4連勝!“神助っ人”シャビエル大活躍!家本主審大誤審©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502885414/


続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【J1】鹿島、金崎がハリル御前でダメ押し弾!清水を下して首位堅持。C大阪、“10人”磐田とドロー
  • 【J1】鹿島、金崎がハリル御前でダメ押し弾!清水を下して首位堅持。C大阪、“10人”磐田とドロー
  • 【J1】鹿島、金崎がハリル御前でダメ押し弾!清水を下して首位堅持。C大阪、“10人”磐田とドロー
  • 【C大阪】今季4度目の離脱、清武弘嗣が22日再合流!ケガ回復遅れ戦列復帰は未定
  • 【浦和】ペトロビッチ流を「脱却」か「進化」か!福田正博も悩む浦和の未来
  • 【FC東京】中島翔哉、ポルトガル1部移籍濃厚!浦和撃破が置き土産!
  • 【内田篤人】シャルケ退団の可能性浮上!代理人を交えてチーム幹部と話し合い
  • 【ドルトムント】ヴォルフスブルクへ  ICEで移動!香川さんも帯同
  • 【動画】ブンデス開幕!新戦力躍動、バイエルンが3発開幕快勝!初のビデオ判定も...
  • “サッカー解説者”小柳ルミ子「さんまと比べないで」なぜ、さんまに噛み付いたのか?
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌