ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

【サッカー】変貌したドイツ W杯制したのは「データ」の力だった

1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ :2014/12/28(日) 21:09:08.63 ID:???
2014年、サッカー王国・ブラジルでワールドカップ(W杯)を制したのはドイツだった。
小気味いいパス回しで相手を振り回した姿は、大柄な男たちが力強くピッチを駆ける
従来のドイツの印象とは一線を画すものだった。

詳細なデータを駆使し、プレー改善を積み重ねたことが「変身」につながった。
野球界ではかつて、米大リーグのアスレチックスがデータ重視のチーム編成で強豪となり、
現在は多くの球団がその後を追っている。サッカー界にもデータの波が迫っている。

■データの活用

ドイツは自国開催だった2006年W杯で3位に終わった。データによるチームの改革は
その直後に始まった。現在も指揮を執るレーウ監督が就任し「選手のボール保持時間を
最小化する」という目標を掲げた。

できるだけ速く味方にパスをつなぐ動きを繰り返せば、敵がマークや守備陣形を整える
時間は必然的に短くなる。結果的に、相手の守備網を簡単にかいくぐってゴールに迫る
ことができる。この考えがブラジルで花開いたともいえる。

世界を代表するドイツのIT企業「SAP」の協力でデータの提供を受け、ブラジルW杯まで
選手にボールを素早く離す意識を伝え続けた。SAPが講演や商品説明会などで明らかに
したところでは、06年当時、選手がボールを持ってから離すまでに平均2.8秒を要して
いた数字は、10年南アフリカW杯で1.1秒に短縮、今大会前は1秒を切っていたという。

素早いパス回しには、出し手の強い意識と同時に、パスコースを生み出す受け手も
不可欠。1秒を切る速度で選手間をパスが行き来するには相手の網にかからない多くの
パスコースが必要で、たった1つの数字を改善した結果、個々の選手の位置取り、互いの
連係が高まったといえる。

■かつては野球も

野球の世界では、米大リーグのアスレチックスが初めてデータのよるチーム作りを持ち
込んだ。スカウトらの経験や勘に頼らず、例えば安打や四球、死球を同等に考えて
「出塁率」などとした指標をもとに、必ずしも評価が高くない選手を集めて地区優勝を
果たすなどの好成績を挙げた。

限られた資金で強いチーム編成を実現したケースは2003年に出版されたマイケル・
ルイスの著作「マネー・ボール」で話題となり、11年には映画化もされた。現在では
レッドソックス、ヤンキースなど大リーグを代表する強豪もデータによるチーム編成を
行っているとされている。

ブラジルW杯ではデータを参考にチーム作りを行ったドイツが結果を残した。
大会期間中は、国際サッカー連盟(FIFA)のホームページなどで、各選手の走行距離や
パス本数など詳細なデータが提供された。

野球のチーム編成とは活用方法が違うものの、客観的なデータを見ることで、
走っていないように見える選手が長い距離を動いていることに気づくことはある。
サッカーでのデータ活用は加速度的に増えていくだろう。

・決勝でアルゼンチンを延長戦で破り、24年ぶり4度目のW杯制覇を果たし、歓喜するドイツ代表の選手たち=7月13日、マラカナン競技場(吉沢良太撮影)




http://www.sankei.com/premium/news/141227/prm1412270012-n1.html
2014.12.27 12:00



続きを読む

【サッカー】吉田が右SBで先発のセインツ、チェルシーに逆転許さずドロー決着

1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ :2014/12/29(月) 01:07:42.22 ID:???
プレミアリーグ第19節が28日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンとチェルシーが対戦した。

 2連勝中の4位サウサンプトンが、未だ1敗のみで首位にいるチェルシーをホームのセント・メリーズに迎えての一戦となった。
吉田は右サイドバックで先発出場している。

 試合は開始17分に動く。ホームのサウサンプトンは、ドゥシャン・タディッチからの浮き球のパスで抜け出したサディオ・マネがGKティボー・クルトワとの1対1をループ気味のシュートで決めて、先制に成功した。

 このままスコアは動かず進み、アディショナルタイムに入って46分、セスク・ファブレガスからのパスでエリア内左に抜け出したエデン・アザールが、中央へ切り込んで右足を振り抜くと、ゴール右に決まり同点となった。
その後、前半終了のホイッスルで、チェルシーが1−1に追いついて折り返す。

 チェルシーはアンドレ・シュールレに代えてウィリアンを投入し後半を迎えた。
60分には、左サイドからセスクが浮き球のパスを入れると、エリア内のアザールが胸トラップから反転してシュートを放つが、枠をとらえられられない。

 62分、サウサンプトンは警告を受けていた吉田に代えてフローリン・ガルドシュをピッチに送り出した。
80分を越えて、チェルシーが猛攻を仕掛けるも、サウサンプトンは堅い守備を見せる。
しかし88分、チェルシーのカウンターを防ごうとしたモルガン・シュネデルランがセスクを倒してしまい、この日2枚目のイエローカードで退場。サウサンプトンが数的不利となった。

 すると90分、エリア内の右からアザールがグラウンダーのボールを中央に送ると、途中出場のディディエ・ドログバがヒールで流し込もうとするが空振りに終わった。

 試合はこのまま終了。先制をしたサウサンプトンは追いつかれるも、堅い守備でチェルシーに逆転を許さず、年内最終戦を1−1の引き分けで終えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00262888-soccerk-socc



続きを読む

【サッカー】遠藤保仁が語る日本代表の課題「世界に通用するセンターバックがいない」

1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ :2014/12/28(日) 20:33:12.04 ID:???
27日放送、テレビ東京「FOOT×BRAIN」には、チームで3冠を達成したガンバ大阪・遠藤保仁が出演。
「2014日本サッカー総括SP」と題し、今季を振り返った。

自身も初のMVPを受賞した遠藤だが、「断然嬉しい」と語るのはチームの方。
「チーム全員でアウォーズに行くっていう、最高ですね」と笑顔を見せた。

そんな彼のプレーに対し、他のゲスト解説陣から「試合中、何を見てプレーしているの?何を考えてるの?」
と訊かれると、遠藤は「鳥になれと思ってます」と切り出した。

「鳥が(空中で)とまって(飛んでい)る時ありますよね。あん時、すごいカッコいいなと思うんですよ。
俺が空を支配しているみたいな。(ピッチに)20人いるじゃないですか。それを一挙に支配したい。
全員を自分のパスで動かすみたいな。でも無理ですね。無理って言ったらダメだな。可能性は低いですけどそこを目指してます」。

その理由をこう語った遠藤だが、シュートまでの流れが全てイメージ通りにいくのは「年に一回あるかないか」といい、
「今シーズンは一つもなかったです」とも――。

また、W杯での惨敗について「相当力の差は感じました。自分達の力不足っていうそれだけ。
(差は)組織力以外全部です。組織力は世界一だと信じてます。ただ組織を壊すのって個じゃないですか。
その個があまりにも差があるのでそれに対応できない」と述べた遠藤は、日本の課題の一つを
「世界に通用するセンターバックっていないんですよね。サイドバックはいてもセンターバックがいない」と分析した。

http://news.livedoor.com/topics/detail/9623013/



続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • ザルツブルク南野拓実が2ゴール!大量5得点でオーストリアカップ決勝進出!
  • 【ACL第5節】浦和×ウェスタンシドニー スタメン発表!ズラタン、李ら札幌戦から5選手入れ替え
  • チェルシーのカンテ、PFAの”年間最優秀選手”に選出!史上初の異なるクラブでプレミア2連覇も。
  • “ガラス・ベイル”  レアル会長が遂に売却を検討へ!現地メディア「1億ユーロの男はいつも医療室」
  • 【ACL】まさかの宇宙開発…“名手”遠藤保仁のPK失敗に海外メディアも驚き <G大阪×アデレードU戦>
  • 【ACL】まさかの宇宙開発…“名手”遠藤保仁のPK失敗に海外メディアも驚き <G大阪×アデレードU戦>
  • 【ACL】まさかの宇宙開発…“名手”遠藤保仁のPK失敗に海外メディアも驚き <G大阪×アデレードU戦>
  • 【動画】ACL 水原サポが川崎ゴール裏に乱入!出口封鎖される
  • 【動画】ACL 水原サポが川崎ゴール裏に乱入!出口封鎖される
  • 【画像】ACLで初勝利した川崎・中村憲剛の素早いツイート!
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌