ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

【GIF】香川真司が長谷部誠のエルボー攻撃を食らうw ドルトムント×フランクフルト

346 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ :2015/04/26(日) 01:08:18.68 ID:BpA72z6b0

http://i.imgur.com/1SgEltI.gif

長谷部の香川へのエルボー攻撃


続きを読む

スポーツライター金子達仁 テクニシャン減少で露見した“球際に弱い”日本

:Pumas ★@\(^o^)/ :2015/04/24(金) 22:37:29.37 ID:???

ずいぶんと昔、ドーハで韓国人記者に言われたことを思い出した。「日本の選手はまるでカニだな。横に進むばかりだ」

まだJリーグは生まれたばかりで、韓国人のJリーガーは広島に1人いるだけ、という時代だった。
日韓のサッカーが混じり合うことはほとんどなく、双方の国は、互いの影響をほとんど受けることなく、自分たちのスタイルで戦っていた。
日本人選手を「カニ」と評した記者の国のサッカーが、わたしには「香車」ばかりの単調なものに感じられた。

「結局のところは球際。試合前も球際で強くいけば日本は何もできないから、という指示が出る」

前日のスポニチに、ACLで浦和を敗退に追い込んだ水原・鄭(チョン)大(テ)世(セ)のコメントが載っていた。
彼が言っていることは、基本、20数年前に韓国人記者が言っていたのと同じことだと思う。球際を強く、激しく行けば、大半の日本人選手は安全第一
――横か後ろにボールを動かすことを選択する。相手からすれば、急所を衝(つ)かれる危険性が大幅に減少するわけだ。

では、日本はどうするべきなのか。

鄭大世は、ハリルホジッチ監督が球際の強さを求める発言をしていたことを評価していたという。
相手から「何もできない」とまで言われてしまうような弱点を修正しようとするのは、当然の発想でもある。

ただ、球際の強さにこだわるばかり、自分たちの特色、武器を放棄してしまっては本末転倒になる。
20世紀後半から21世紀初頭にかけての一時期、日本サッカーが韓国を大きく引き離したと見られる時期があった。

あの時、日本サッカーは「カニ」であることをやめたのか。否。良くも悪くも安全第一に走りたがる傾向は変わっていなかった。
にもかかわらず韓国を圧倒できるようになったのは、攻める時間と機会を相手に与えなくなったから、だった。
端的に言えば、MFたちの技量が韓国を圧倒していたのである。

先週も書いたが、ここ数年、日本のサッカーは中盤にタレントを揃(そろ)えていた時代から、前線に粒が揃う時代へと移行しつつある。
ゴール前で素晴らしい才能を見せる選手が珍しくなくなった半面、中盤のアーティストは確実に減少傾向にある。

日本のサッカーが球際に弱く見えるのは、日本サッカーが球際に弱いからではなく、強度のプレッシャーに耐えうる技量のMFが減ったからではないか、とわたしは思う。

球際の強さに勝機を見いだすのは、もちろん正しい。けれども、球際の弱さを補う方法もサッカーにはある。
理想は、Jリーグの中にまったく異なる道を目指すチームが混在するようになること。

異質なものに対する対処能力の不足は、球際の弱さ以上に深刻な、日本サッカーの弱点だからである。

(金子達仁氏=スポーツライター)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/2015/kiji/K20150424010229990.html



続きを読む

ドルトムントのギュンドアンがマンチェスター・Uに移籍目前

:Pumas ★@\(^o^)/ :2015/04/25(土) 09:15:02.38 ID:???

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがマンチェスター・Uに移籍目前であると、
ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine』が24日に報じた。

来夏まで契約を残すギュンドアンについて同紙は、「すでに、今シーズン終了後に退団という方向になっている」と伝え、
その根拠として、契約満了後にバイエルンに移籍したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの例を挙げている。

「ドルトムントは、移籍金を断念するのはレヴァンドフスキのケースのみということを明らかにしており、同じ例外を作ることはないだろう。
契約延長の意志のないギュンドアンは売らざるを得ない」とし、違約金の発生する今夏中に売るとの見方をしている。

ギュンドアンについては、プレミアリーグの他、スペインのアトレティコ・マドリードへの移籍も噂されている、
また、移籍が決まった場合、同選手の後釜として、ドルトムントの監督就任が決まっているトーマス・トゥヘル氏が
マインツ時代に指導したUー21ドイツ代表MFヨハネス・ガイス(マインツ)の他、レヴァークーゼン所属の元ドイツ代表MFゴンザロ・カストロの名前が挙がっている。
両選手の違約金はともに1000万ユーロ(約13億円)と見られている。

ガイスについては、ボルシアMG、ヴォルフスブルクといった来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が濃厚なクラブが獲得に乗り出しているが、
24日になって同紙が、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケも獲得に興味を示していると伝えている。

なお、ドイツ誌『キッカー』は、来夏まで契約を残すカストロについて「レヴァークーゼンは契約延長のオファーを出しているが、
カストロはドルトムント移籍に傾いている」と報じている。

SOCCER KING 4月25日(土)6時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150425-00305821-soccerk-socc


続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 元京都MF奥川雅也、オーストリア1部マッテルスブルクにレンタル移籍!
  • 元京都MF奥川雅也、オーストリア1部マッテルスブルクにレンタル移籍!
  • 元京都MF奥川雅也、オーストリア1部マッテルスブルクにレンタル移籍!
  • 元京都MF奥川雅也、オーストリア1部マッテルスブルクにレンタル移籍!
  • 元京都MF奥川雅也、オーストリア1部マッテルスブルクにレンタル移籍!
  • 【岩渕真奈】INAC神戸レオネッサに加入!「沢山のタイトルを取れるように」
  • 【スペイン紙】「C・ロナウドよりも重要」レアル中井卓大くんの技術称賛!今後の進路に注目
  • 【スペイン紙】「C・ロナウドよりも重要」レアル中井卓大くんの技術称賛!今後の進路に注目
  • 【画像】元大宮監督の渋谷氏が浦和の練習を見学に!
  • 【画像】元大宮監督の渋谷氏が浦和の練習を見学に!
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌