ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

【J2名古屋】急造3カ国3バック!ヤバい匂いがプンプンwww

647   2017/07/28(金) 07:14:42.22

グラ、急造3カ国3バック

 J2名古屋グランパスは27日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで、熊本戦へ向けて練習した。
3バックの中央は、3日連続でブラジル人MFワシントン(30)が務めた。「内容よりも勝つことが大事だ」と、日本人、韓国人と編成する最終ラインをリードする。
 最終ライン刷新へ、ワシントンが守りの要となる。前節までボランチでプレーしており、センターバック(CB)の試合経験は、「5年くらい前かなあ」と記憶もおぼろげ。
それでも、「問題ないよ。監督の要求に応えるだけ」と動揺することはなさそうだ。
 3枚の右にはプロデビュー戦となる韓国人DF林承謙(イム・スンギョム)、左は人生初となるCBに挑む和泉の並び。
急造感たっぷりな上、異なる3カ国の組み合わせで互いに操る言語も違う。
通訳不在時は、片言の英語と日本語で声を掛け合って、手探りで連係を深めている。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201707/CK2017072802000109.html


続きを読む

【J復帰へ】元日本代表MF増田誓志、C大阪&鳥栖が獲得に乗り出す!

  2017/07/27(木) 05:46:10.22

ちかぴいいい


続きを読む

高騰するSBの移籍金…理由は“希少価値”と“欠点の少なさ”?

YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 18:46:30.58

今夏の移籍市場でマンチェスター・Cがサイドバック(SB)への投資積極的な投資を行っている。

 右サイドには当時DF史上最高額タイの5000万ポンド(約73億円)でイングランド代表DFカイル・ウォーカーが加入。ブラジル人DFダニーロは2650万ポンド(約38億5000万円)とも言われている。さらに左サイドにはフランス代表DFバンジャマン・メンディを獲得。移籍金はDF史上最高額を更新する5200万ポンド(約75億4000万円)と報じられた。高騰するSBの移籍金について、大手メディア『ESPN』が1つの見解を示している。

 2015−16シーズンにレスターが優勝したときのSBコンビは同メディアによると、わずか200万ポンド(約3億円)。ジョゼップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・Cと単純な比較はできないが、レスター優勝の偉大さ、グアルディオラ監督がSBの強化に多額の費用を必要としたこと、ここ3年で移籍市場の異常なインフレが起きたことは伺える。さらに攻撃的なSBと守備的なSBの市場価値に開きがあることも言えるだろう。

 ほとんどポジションが発明された時からずっと、SBは最も魅力的でないポジションとされてきた。元イタリア代表FWジャンルカ・ヴィアリ氏はかつて「右SBは一般的にチームで最も下手な選手だ」と語った。元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏もすべてのSBは失敗したウイングか、もしくは失敗したセンターバックと言ったという。

 これは基本的に真実だと言える。チームのベストプレーヤーがSB、というチームは滅多にない。一般的にSBにいる理由は他のポジションで優れたパフォーマンスを見せられなかったからか、幼少からそこで育成されたからという場合が多い。ブラジル代表DFマルセロや元ドイツ代表フィリップ・ラーム氏などは大きなクラブで育ち、若いときにコンバートされている。他にもオーストリア代表DFダビド・アラバは中盤にタレントひしめくバイエルンではSBだが、代表では常にミッドフィールドにいる。

 キャラガー氏のポイントに戻ると、“失敗したセンターバック”型のSBはほとんどいない。トニー・ピューリス監督率いるウェスト・ブロムウィッチは例外だ。実際彼のSBはほとんどセンターバック。これは彼がDFに高さを求めているからで、大多数のSBはダイナミックで攻撃的、ウイングのような働きをする。

 では、現代的なSBとはどんなものだろうか? SBはオールラウンダーに最も近い選手と言える。天性のボックス・トゥ・ボックス型MFはほぼ絶滅したと言え、そういった何でもやれる要素はSBのものになっていった。SBはどんな分野でも傑出した点のない(もしあれば違うポジションで起用されるだろう)、同時に特定の欠点を持たない選手である。

 つまり攻撃的SBはスピードに富み、ライン際をアップダウンするスタミナを持っている必要がある。さらに敵陣では精確で丁寧なクロスを供給する能力が求められる。同時にディフェンスセンスを併せ持ち、相手のベストプレイヤーかもしれないウイングに、1対1で勝つ能力が必要となる。

 これらの、フィジカル面、テクニック面、守備戦術面での要求要素の組み合わせが、SBが世界で最も需要あるポジションの1つになる理由だ。しかしそれでいて、彼らはピッチ上で1番レベルの低い選手であることも多い。

 攻撃的SBのコンセプトは新しいものではなく、20世紀半ばからあったものだ。4−4−2のフォーメーションの隆盛ともにサッカーのスピードはどんどん上がっていき、ここ数年のプレッシングスタイルの流行でゲームのスピードはさらに上がった。


続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【動画】ネイマール、バルサ新加入セメドと喧嘩!激おこ練習放棄…動画が拡散される
  • 【動画】ネイマール、バルサ新加入セメドと喧嘩!激おこ練習放棄…動画が拡散される
  • 【動画】ネイマール、バルサ新加入セメドと喧嘩!激おこ練習放棄…動画が拡散される
  • 【動画】ネイマール、バルサ新加入セメドと喧嘩!激おこ練習放棄…動画が拡散される
  • 【動画】ネイマール、バルサ新加入セメドと喧嘩!激おこ練習放棄…動画が拡散される
  • 【動画】ネイマール、バルサ新加入セメドと喧嘩!激おこ練習放棄…動画が拡散される
  • 【注目度増】本田圭佑が加入のメキシコリーグ!フジテレビONE、TWO、NEXTでの放送決定
  • 【注目度増】本田圭佑が加入のメキシコリーグ!フジテレビONE、TWO、NEXTでの放送決定
  • 【注目度増】本田圭佑が加入のメキシコリーグ!フジテレビONE、TWO、NEXTでの放送決定
  • 【注目度増】本田圭佑が加入のメキシコリーグ!フジテレビONE、TWO、NEXTでの放送決定
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌