ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

中村俊輔「ご飯はオフ中に行くと思うので、ごちそうしますよ」 レスター岡崎を祝福!!

:動物園φ ★@\(^o^)/ :2016/05/03(火) 23:23:41.54 ID:CAP_USER9

日刊スポーツ 5月3日(火)22時58分配信

 横浜MF中村俊輔(37)もレスターFW岡崎慎司(30)の優勝を祝福した。

 3日、横浜市内で約1時間半4日アウェー名古屋戦に向けた調整を行った。練習後、中村は岡崎の優勝を受けて「ご飯はオフ中に行くと思うので、ごちそうしますよ」と約束した。

 岡崎のすごさについては「一番は経験がでかい。プレミア(リーグ)で1シーズン出たというのも大きいし、ビッククラブを倒してきている。それから(ヨーロッパの)4大リーグのうち、2カ所(ブンデス、プレミア)でプレーしているんだから」と褒めたたえた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00000172-nksports-socc


続きを読む

米メディア「香川真司とオスカル(ブラジル代表)はどちらが上だ?オスカルの理想的な移籍先にドルトムントを選出」

:Egg ★@\(^o^)/ :2016/05/03(火) 22:16:46.54 ID:CAP_USER9

■ハードワークが高い評価受ける

昨季チェルシー不動のトップ下としてチームのリーグ優勝に大きく貢献したブラジル代表MFオスカルが今夏放出されるのではと噂されている。一部ではオーナーのロマン・アブラモビッチ氏がオスカルのパフォーマンスに不満を抱えているとも言われており、ユヴェントスなどがオスカル獲得に名乗りを上げている。

そんな中、『Breacher Report』はオスカルが移籍する場合はどのクラブが最適かを独自に考え、オスカルがフィットするであろうクラブをランキング形式で3クラブ選出した。まず第3位は、数年前から指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが高く評価しているユヴェントスだ。ユヴェントスはトップ下で違いを作れる選手を探しており、昨夏にはユリアン・ドラクスラーらを逃してしまっている。

以前から獲得を熱望しているユヴェントスの選出は妥当だが、意外なのは2位と1位だ。同メディアはオスカルの攻撃センス、得点能力なども評価しているが、最大の持ち味としてハードワークを評価している。その結果、2位にはディエゴ・シメオネの下で前線の選手も守備に走るフットボールを展開しているアトレティコ・マ ドリード、そして1位には同じくハードワークをベースとするドルトムントが選出された。

仮にドルトムントに加入すればトップ下で香川真司と被ることになるが、同メディアはそれでもドルトムントを最もフィットするクラブに挙げている。ドルトムントにはバイエルンのマリオ・ゲッツェ復帰論などアタッカー獲得の噂が絶えないが、香川は来季も不動のトップ下として君臨することができるか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00010030-theworld-socc


続きを読む

【リメンバーゲッツェw】バイエルンがドイツ杯決勝の対戦前に48億円でのフンメルス移籍 合意狙う!

:Egg ★@\(^o^)/ :2016/05/03(火) 21:47:10.51 ID:CAP_USER9

独紙報じる ドルトムントとの頂上決戦を前に”造反移籍”が完了の見込み

フンメルス”禁断の移籍”が衝撃の決着へ バイエルンがドイツ杯決勝の対戦前に48億円で合意狙う


 バイエルン・ミュンヘンへの移籍希望を表明したドルトムントの主将DFマッツ・フンメルスの”禁断の移籍”交渉が、両クラブが激突する5月21日のDFBポカール決勝前に完了する可能性が浮上している。英地元紙「ビルト」が報じた。

 今夏の移籍が噂されていたフンメルスだが、ドルトムントは公式サイトでバイエルンへの移籍希望をクラブに伝えたと公表していた。不倶戴天のライバルへの移籍願望を公表後、最初の試合となった30日のヴォルフスブルク戦では、ウォーミングアップ時からブーイングを受け、スタンドには「船長が船を見捨てるとは」と書かれた横断幕が掲げられるなど、ドルトムントのサポーターから手荒い洗礼を受けた。

 すでにサポーターにとって完全な”裏切り者”となったフンメルス。記事ではすでに移籍交渉の事実を認めていたバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、移籍交渉を今月21日のポカール決勝前に完了させる見込みだと伝えられている。また、移籍金は4000万ユーロ(約48億円)ほどになるという。

 移籍決定後に直接対決という複雑な状況は、13年のドイツ代表MFマリオ・ゲッツェのケースとよく似ている。この時はUEFAチャンピオンズリーグ決勝での直接対決が控えるなか、ゲッツェのドルトムントからバイエルンへの移籍が決定していた。そしてゲッツェは、負傷のため決勝を欠場している。

マテウス氏が歩んだ“裏切り移籍”の道

 また「ビルト」紙では1984年に起きた元ドイツ代表のレジェンド、ローター・マテウス氏の例も紹介している。当時、ボルシアMGに所属していたマテウス氏は、DFBポカール決勝でバイエルンと対戦。バイエルン移籍がすでに決定していたなかで臨んだこの試合、マテウスがPKを失敗したことでボルシアMGはタイトルを逃していた。フンメルスはゲッツェのように最後の決戦を欠場するのか、それとも、マテウスのように新天地との戦いに出場するのだろうか。

 8年半に渡り、ドルトムントで活躍してきたキャプテンは下部組織の一員としてプレーしていた古巣復帰を熱望している。世間の注目を集めたキャプテンの”裏切りの移籍”は、シーズン終了を待たずして決着の時を迎えようとしている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160502-00010016-soccermzw-socc


続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【噂】リバプール HOME AWAY 3rd 新ユニリーク画像キタ!
  • 【噂】リバプール HOME AWAY 3rd 新ユニリーク画像キタ!
  • 【噂】リバプール HOME AWAY 3rd 新ユニリーク画像キタ!
  • 【噂】リバプール HOME AWAY 3rd 新ユニリーク画像キタ!
  • 【噂】リバプール HOME AWAY 3rd 新ユニリーク画像キタ!
  • 【噂】リバプール HOME AWAY 3rd 新ユニリーク画像キタ!
  • 【ド迫力】J1浦和監督、あまりの強面から「アウトレイジ大槻」「組長」「総会屋」と人気ww
  • 【ド迫力】J1浦和監督、あまりの強面から「アウトレイジ大槻」「組長」「総会屋」と人気ww
  • 【ド迫力】J1浦和監督、あまりの強面から「アウトレイジ大槻」「組長」「総会屋」と人気ww
  • 【ド迫力】J1浦和監督、あまりの強面から「アウトレイジ大槻」「組長」「総会屋」と人気ww
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌