ガゼッタ蹴球

当ブログはサッカーニュース、ネタを扱うまとめブログです。欧州サッカーはもちろん国内サッカーの情報も届けています。

相互リンク募集中です。

【U-20W杯】日本代表の決勝T進出のための条件は?第3戦の相手はイタリア

Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 16:59:52.46

韓国で開催されているU−20W杯のグループリーグ第2戦が行なわれ、日本はウルグアイに0−2で敗れた。日本はこれで1勝1敗の勝ち点3となり、グループDの3位につけている。

敗れはしたが、試合内容は決して悪くなかった。初戦の南アフリカ戦ではバタバタとした展開のなかで何度もピンチを招いた日本も、このウルグアイ戦では落ち着いて試合に入れていた。

日本と同様、初戦で勝利(1−0イタリア)していたウルグアイが比較的慎重な戦いを選んできたことも、その一因ではあっただろう。だとしても、日本はウルグアイの攻撃をうまく抑えながら、奪ったボールをテンポよく動かして、敵陣に攻め入ることができていた。

U−20日本代表の内山篤監督も「(初戦の)南アフリカ戦では立ち上がりに失点したので、そこを修正した。そんなに(前半の出来は)悪くなかった」と振り返る。

ところが、「縦1本(のパス)で安易に失点してしまった」と指揮官。前半38分に、最終ラインから放たれたロングパスを右サイドでキープされ、最後はFWスキアッパカッセに落ち着いてシュートを決められた。カウンターのリスクを避け、少ない人数で手数をかけずに(日本の守備の対応の軽さはあったにしても)易々とゴールを陥れるあたりは、さすが南米予選の優勝チームというしかない。

こうなると、「試合巧者」として名高いウルグアイのペースである。

カウンターをちらつかせながら、ガッチリと守備を固めるウルグアイに対し、日本は攻撃機会こそ増やすものの、なかなかシュートまでは至らない。前半なかばを待たずして、FW小川航基を左ヒザの負傷で失うアクシデントがあったとはいえ、パスはつなげるものの最後の決め手に欠いた。

FW岩崎悠人は「前半は(ボールを保持していても)なかなかゴール前まで行けず、苦しい感じだったが、後半はチャンスが増えた」と、試合展開の変化を口にしながらも、苦々し気にこう続けた。

「いい状況はあったと思うが、やっぱり最後……、(自分たちのプレーの)精度が低くてシュートまで行けなかった」

実際、日本の決定機と言えるシュートチャンスは、2回程度しかなかった。

なかでも最大のチャンスは、58分。FW久保建英が左サイドを突破して放ったシュートはGKにセーブされたが、GKに当たって浮いたボールをMF堂安律が頭で押し込んだはずだった。しかし、ゴールへ向かって飛んだボールは、必死でカバーに戻った相手DFにはじき出されてしまった。

集中を切らさず、ボールにプレッシャーをかけ続けるウルグアイの前に、日本はそれなりに見応えのある攻撃を展開したが、どうにもゴールは遠かった。

だが、ウルグアイを相手に0−1の敗戦なら、最悪というほどの結果ではなかった。なぜなら、24カ国が4カ国ずつ6組に分かれてグループリーグを行なうこの大会は、各組2位以上に加え、3位のうち成績上位の4カ国が決勝トーナメント(ベスト16)に進出できる。日本はすでに初戦で勝ち点3を手にしており、仮に残り2試合を連敗しても失点数を抑えれば(得失点差のマイナスを小さくすれば)、決勝トーナメント進出の可能性は十分にあるからだ。

つづく

週プレNEWS 5/26(金) 16:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00085379-playboyz-socc


続きを読む

マンチェスター・C、3選手の放出を発表!クリシー、ナバス、カバジェロがフリー移籍へ

Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 01:09:22.16

マンチェスター・Cは25日、元フランス代表DFガエル・クリシー、元スペイン代表MFヘスス・ナバス、アルゼンチン人GKウィリー・カバジェロの3選手が今シーズン限りで退団することをクラブ公式サイトで発表した。

 今シーズン終了までの契約を結んでいた3選手は、6月30日に迎える契約満了に伴い退団することが決まった。

 現在31歳のクリシーは2011年夏にアーセナルから加入し、マンチェスター・Cでは通算203試合出場3ゴールを記録。2012年にプレミアリーグ制覇に貢献すると、2014年にはリーグとリーグカップ戦の2冠を経験し、昨シーズンは再びリーグカップ戦優勝を果たした。

 同選手はクラブ公式サイトを通じて、「マンCでは特別な6年間を過ごせた。4つの主要トロフィーを獲得し、イングランドでもトップチームの1つとしてクラブの地位を確立することに貢献できた。素晴らしい旅だったし、その一員であったことを誇りに思うよ」とコメントした。

 同じく現在31歳のナバスは2013年夏に母国のセビージャからマンチェスター・Cに移籍。4年間で通算183試合出場8ゴールをマークし、2014年の2冠や2016年のリーグカップ制覇に貢献した。

 現在35歳のカバジェロは2014年夏にマラガから加入。マンチェスター・Cでは通算48試合に出場し、昨シーズンのリーグカップでは全試合フル出場でタイトル獲得に貢献している。

 マンチェスター・Cはすでに、2008−09シーズンに加入したアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタの退団が決まっており、今シーズン限りで契約満了となる元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレとフランス代表DFバカリ・サニャの退団も噂されている。

 なお、イギリス紙『テレグラフ』によると、クリシーにはウェストハムやニューカッスル、母国のパリ・シャンジェルマンやトルコのフェネルバフチェなどが興味を示している模様。一方のナバスについては、同紙『デイリーメール』が古巣のセビージャと交渉を行う予定と報じている。

SOCCER KING 5/26(金) 0:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00592600-soccerk-socc


続きを読む

【日本代表】加藤恒平、初選出!ハリル監督の“秘密兵器”今野次第で即出番も

@Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 08:39:50.50

日本サッカー協会は25日、W杯アジア最終予選B組イラク戦(6月13日、テヘラン)に臨む日本代表メンバー25人を発表し、
ブルガリアでプレーするMF加藤恒平(27)=ベロエ・スタラザゴラ=ら3人が初選出された。

ボランチの加藤は世代別代表の経験もないサプライズ選出。
ハリルホジッチ監督の“秘密兵器”として期待が掛かる。また、6月7日には東京・味の素スタジアムでシリアと国際親善試合を行う。

東欧を渡り歩く異色のフットボーラーが、ついに日本代表へと上り詰めた。
ハリルホジッチ監督は加藤について「1年かけて追跡した。現地で(スタッフが)4試合ほど見た。(山口)蛍に似ている。
ボールを奪う役割、組み立てもできる」と選出理由を説明。昨年9月の会見でも「ブルガリアのカトウも見てきた」と言及していた。

加藤は13年に町田を退団後、モンテネグロ、ポーランド、ブルガリアでプレー。
立命大在学中には2度のアルゼンチン留学を経験し、現地でボランチにコンバートされた。

「ボールを奪い取ることには自信を持っている」と本人が話すように、
173センチと小柄ながら球際に強く、ボール奪取能力にたけている。

中立地イランで行われるイラク戦は劣悪なピッチ状態が予想されるが、
加藤はモンテネグロで「ポイントが刺さらないほど硬くて、ボールもゴロで転がらない」ピッチにも慣れている。

指揮官は「すぐにプレーさせるわけではない」と起用には慎重な姿勢だが、
負傷を抱える今野の状態次第では出番が訪れる可能性もある。

加藤は28日の海外組合宿から合流する。遠回りの末にたどり着いた憧れの場所。
「国を背負えるのはすごいこと。子供たちに違った道もあると思ってもらえれば」。加藤が新たな一歩を踏み出す。

写真



デイリースポーツ 5/26(金) 6:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000008-dal-socc


続きを読む
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【日本代表】「日本のフメルス」?代表初招集の三浦弦太はこんな選手
  • 【画像】長友所属のインテル、不評の新ユニ披露「バーコードのよう」
  • 【画像】長友所属のインテル、不評の新ユニ披露「バーコードのよう」
  • 【画像】長友所属のインテル、不評の新ユニ披露「バーコードのよう」
  • 【画像】長友所属のインテル、不評の新ユニ披露「バーコードのよう」
  • 【画像】長友所属のインテル、不評の新ユニ披露「バーコードのよう」
  • 【画像】長友所属のインテル、不評の新ユニ披露「バーコードのよう」
  • 【画像】長友所属のインテル、不評の新ユニ披露「バーコードのよう」
  • 【動画】柴崎岳、テネリフェ島イベントに笑顔で参加!生ハムカットで地元紙絶賛ww
  • 【動画】柴崎岳、テネリフェ島イベントに笑顔で参加!生ハムカットで地元紙絶賛ww
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
Amazonライブリンク
サッカー雑誌